産学協同研究「金沢工業大学 工学部とDMM、FAPがSTEAM教材開発を研究」

金沢工業大学 工学部情報工学科 准教授 河並 崇(所在地:石川県野々市市、学長 大澤敏/以下;金沢工大)と合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者 亀山敬司/以下;DMM)、一般社団法人FAP(所在地:石川県金沢市、代表理事 浅岡 正教/以下;FAP)は、2019年5月1日より「STEAM教育とプログラミング教育への教材開発」に関する共同研究を開始します。
研究成果は、次代を担う現小学生~中学生が、将来創造的な制作を行なうための総合的な知見を得られるようなカリキュラム開発に生かしていくことを目指しています。

【産学共同研究開始の経緯】
2020年から開始される小学校でのプログラミング教育の必修化に向けて、各教育機関や自治体など指針作りに奔走しています。
2017年1月、「ふれる。あそぶ。プログラミング。」という新しいイベントスタイルを持つ、プログラミング体験イベントが金沢でスタートしました。このとき運営を行ったのが、金沢工大・河並氏とFAP・浅岡氏を含むメンバーでした。
以来、定期的にプログラミング体験イベントを開催し、その都度学習効果の高いコンテンツ・カリキュラム制作に取り組み、好評を博してきました。
2018年からは、DMMのメンバーも加わり、コンテンツの有用性やメンターの育成への検証も開始しています。
現在の散文的な知見を融合することで、良質な教材の提供が可能と考え、今回の研究を行うことを決めました。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年5月8日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。