吸収型 赤外線(IR)カットフィルター関連技術 特許総合力ランキングトップ3は富士フイルム、日本板硝子、AGC

株式会社パテント・リザルトは2019年5月16日、2019年4月末までに日本の特許庁で公開された「吸収型 赤外線カットフィルター(IR カットフィルター)関連特許」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

デジタルカメラや防犯監視カメラなどのデジタル機器に使われる赤外線カットフィルターは、太陽光や照明に含まれる赤外線をカットすることで、人の目が認識する色と近い色で画像を撮影できるようにする働きを持っています。今回の調査では、日本の特許庁で公開されている吸収型の赤外線カットフィルター関連技術全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

その結果、「総合力ランキング」では、1位 富士フイルム、2位 日本板硝子、3位 AGCとなりました。

総合力1位の富士フイルムの注目度の高い特許には、「波長650nm以上に吸収極大を有し、ポリメチン色素から選ばれる少なくとも一種の赤外線吸収剤を含む赤外線吸収組成物」に関する技術や、「インクジェット用インクおよびレジスト液を用いた近赤外線吸収フィルターの製造方法」に関する技術などが挙げられます。

総合力2位の日本板硝子は、「所望の光学性能を簡素な構成で発揮できる光学フィルター」や「有機物である光吸収剤を含みながらも、機械的強度に優れたシリカ系膜」に関する技術などが挙げられます。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年5月16日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。