【繊維・紙・パルプ業界】他社牽制力ランキング2018 トップ3は東レ、東洋紡、クラレ

株式会社パテント・リザルトは2019年6月4日、独自に分類した繊維・紙・パルプ業界の企業を対象に、2018年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「繊維・紙・パルプ業界 他社牽制力ランキング2018」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

集計の結果、2018年に最も引用された企業は、東レ、次いで東洋紡、クラレとなりました。

1位東レの最も引用された特許は、「ポリエステル樹脂組成物およびその製造方法」に関する特許(特許第5272291号)や、「積層体の製造方法」に関する特許(特許第6099875号)で、それぞれ後発の特許6件の審査過程で拒絶理由として引用されています。このほかには「耐熱性に優れたポリエステルおよびその製造方法」に関する特許(特許第5316725号)や「積層フィルムの製造方法」に関する特許(特許第3966171号)などが引用された件数の多い特許として挙げられます。
2018年に、東レの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱ケミカル (112件)、次いで、旭化成(45件)、日立化成(28件)と大日本印刷(28件)が続いています。

2位東洋紡の最も引用された特許は、昨年に続いて「液晶表示装置、偏光板および偏光子保護フィルム」に関する特許(特許第4962661号)で、大日本印刷の特許6件を含む後発の特許7件の審査過程で拒絶理由として引用されています。このほかには「ガラス/樹脂積層体の製造方法」に関する特許(特許第5723776号)、「ポリアミドの連続製造方法」に関する特許(特許第5402729号)、「三次元画像表示対応液晶表示装置に適した偏光板及び液晶表示装置」に関する特許(特許第6180113号)などが引用された件数の多い特許として挙げられます。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年6月4日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。