【化学業界】他社牽制力ランキング2018 トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、花王

2018年に、三菱ケミカルの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は旭化成(46件)、次いで、大日本印刷(43件)と住友化学(43件)、日亜化学工業(36件)が続いています。

3位花王の最も引用された特許は、「吸収性物品」(特許第5180659号)で、P&Gの特許4件を含む後発の特許6件の審査過程で拒絶理由として引用されております。このほかには「舗装用バインダ及び舗装用混合物」に関する特許(特許第6110614号)や、「ゴム組成物及びその製造方法」に関する特許(特許第5763995号)などが引用された件数の多い特許として挙げられます。
2018年に、花王の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はP&G(112件)、次いで、ユニ・チャーム(110件)、LOREAL(57件)となっています。

本分析の詳細については、「化学業界 他社牽制力ランキング2018」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2019/06/fcitchem.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階


配信元企業:株式会社パテント・リザルト
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年6月5日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。