新卒時にリーマンショックの影響を受けた30代に就職支援開始 人材不足に悩む企業と不況期世代をマッチング “就職カレッジ(R) 30代コース”2019年7月22日初開催

就職支援事業を展開する株式会社ジェイック(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 剛志)は、30代向けの就職支援サービス“就職カレッジ(R) 30代コース”を2019年7月22日に初開催することをお知らせします。

 “就職カレッジ(R) 30代コース”とは、34歳までの社会人未経験者を対象にした、就職支援サービスです。これは当社の既存サービスで20,000名以上の就職支援実績のある、既卒・第二新卒(29歳迄が対象※)向けの就職支援サービス“就職カレッジ(R)”の受講対象を30代向けにカスタマイズしたものであり、就職講座から集団面接会までワンストップで無料提供しています。※雇用対策法施行規則第1条の3第1項 例外事由3号イ

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000196019&id=bodyimage1

■今年に入り、150名以上の30代が就職相談に訪れている
 今年に入り、150名以上の30代の方が就職相談に訪れています。「30歳を前に就職しようと思うが、どうしたらいいか分からない」「就職はしたいが、30代で社会人未経験を採用しようという企業が見つからない」「面接しても若い人が優先されてしまうのでは」など、漠然とした不安を抱え、相談相手もいないという相談内容です。この方々は、俳優や芸人、スポーツ選手など夢を追いかけていた、趣味に時間を使う為にフリーターでいた、家庭の事情で家の手伝いをしていたなど経歴は様々ですが、“正社員になるのは難しく、アルバイト生活を続けていくしかない”と、就職への意欲はあっても、半ば諦めてしまっている方が多く見受けられます。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年6月10日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。