保護者の6割以上が「身だしなみ」は友達関係に影響すると考えている! 明光義塾調べ【小中学生の身だしなみに関する実態調査】

保護者の6割以上が「身だしなみ」は友達関係に影響すると考えている!
明光義塾調べ【小中学生の身だしなみに関する実態調査】
・子どもの“気になる身だしなみ”ランキング、第1位は「洗顔、歯磨き(48.6%)」
・8割以上の保護者が、子どもの身だしなみに対して注意をしている!


 個別指導の学習塾「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山下一仁)は、小学4年生から中学3年生までのお子さまを持つ保護者男女700名(小学4年生~6年生の子どもを持つ保護者:350名、中学生の子どもを持つ保護者:350名)を対象に、お子さまの「身だしなみ」に関する実態調査を実施いたしました。


「小中学生の身だしなみに関する実態調査」結果概要
・小中学生の70.9%は「身だしなみ」を気にしている
・小中学生保護者の83.3%は、子どもの「身だしなみ」を気にしている
・ハンカチ、ティッシュを常備している小中学生は約半数
・小中学生の6割は肌荒れやニキビを気にすることがある


Q1.あなたはお子さまの身だしなみは友達関係に影響すると思いますか?(n=700・単一回答方式)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000196205&id=bodyimage1

保護者の6割以上が子どもの「身だしなみ」は友達関係にも影響すると考えている!

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年6月13日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。