ラジオにも出演 生き方や考え方が気になる投資家14人が登場 達人の“共通点”や“大家力”から学ぶ 不動産投資術 3千人の大家を生んだおもしろ社長 業界20年の経験と実績 7月3日に新書出版

不動産投資事業をおこなう富士企画株式会社と株式会社クリスティの2社の代表取締役で経営に携わる
新川義忠は、4作目の書籍『「14人」の達人に学ぶ不動産投資 成功の秘訣』を2019年7月3日(水)に出版しました。

■大家3,000人を生んだ著者が語る成功の定義
著者の新川は不動産投資業界歴20年の経験で不動産投資の成功と失敗を3,000人近く見てきた実績があります。まず「不動産投資の成功」とは利益がでていることが大前提です。しかしその基準は目的によって一人ひとり異なります。数字に振り回されない、自分が幸せだと感じるか、人と比べない、自分の意見を持つこと。この4つをバランス良く備えることが成功への近道であると考えています。不動産投資は手段であり、投資自体は目的ではないのです。

そこで新川は、投資家が知識を持ち、最新の動向に目を向けるといった“投資家自身の学び”の提供として、2018年1月より、エフエム浦安(通称:市川うらら)にてラジオ番組『新川義忠の明日やろうは馬鹿野郎』を立ち上げました。これまで不動産業界・投資業界から39名のゲスト(2019年7月現在)を迎え、不動産投資で得た時間とお金を使ってどのように生きているかや、不動産投資の初心者へのアドバイスを伝えています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000197553&id=bodyimage1

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年7月3日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。