浦添市と「浦添市てだこホール」のネーミングライツ取得に関する協定を締結 ~「アイム・ユニバース てだこホール」が誕生します~

沖縄県浦添市(市長:松本哲治)と株式会社アイム・ユニバース(代表取締役:藍川眞樹)は、浦添市が運営する「浦添市てだこホール」のネーミングライツ(命名権)を株式会社アイム・ユニバースが5年間取得することについて合意し、協定書を締結いたしました。
これにより、浦添市てだこホールは2019年10月1日(火)より「アイム・ユニバース てだこホール」として生まれ変わります。

浦添市てだこホールは、浦添市の文教施設が集積したカルチャーパーク内に、大・小ホールをはじめ10施設を擁する市民ホールです。平成19年4月に供用が開始され、開館13年目を迎えました。年間の利用者数は28万人を超え、市民だけにとどまらず多くの人々に親しまれています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000199501&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000199501&id=bodyimage2

株式会社アイム・ユニバースは、「&RESORT」をコンセプトとして、リゾートのような特別な時間が過ごせる家のオリジナル設計・施工住宅を手掛けている不動産会社であり、また、浦添市をキャンプ地としている「東京ヤクルトスワローズ」の公式スポンサーです。今回のネーミングライツ取得を機に、スポーツ推進のみならず、「アイム・ユニバース てだこホール」を拠点とした文化芸術振興を推進してまいります。

<ネーミングライツ概要>
対象施設 : 浦添市てだこホール
愛称:アイム・ユニバース てだこホール
契約期間:令和元年10月1日~令和6年9月30日(5年間)


配信元企業:株式会社アイム・ユニバース
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年8月7日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら