需要が高まる介護職になるためにだれでも受講できる基礎研修 聖隷福祉事業団による 「介護職員初任者研修」10月26日(土)よりスタート ~10月21日(月)まで受講生募集中~

社会福祉法人 聖隷福祉事業団(法人本部:静岡県浜松市/理事長:山本敏博/以下、聖隷)は、介護職員を育成する「介護職員初任者研修」を2019年10月26日(土)より行います。

 介護需要が高まる一方で、介護福祉士を目指す学生は激減しており、今年9月の日本介護福祉士養成施設協会の発表では、2018年度に介護福祉士を養成する大学や専門学校への入学者数は6,856人と、過去最低を記録したことがわかりました。入学者数は2006年には約1万9,300人となっていましたが、12年間でおよそ3分の1に減少しています。今後、団塊の世代が75歳以上になるという2025年には、介護業界の人手不足が加速し、33万7,000人の人材が不足するという推計がなされています。厚労省は2016年度に190万人だった介護業界で働く人材を、2025年度までには55万人増やす必要があるとしてきました。こうした介護業界の需要が高まるなかでの教育機関における入学者の減少は、業界の将来にかかわる大きな問題です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000203179&id=bodyimage1

その中で「介護職員初任者研修」を受けることは、基礎的な介護知識、技術を得られ、自信を持って家族の介護を行うことができる他、研修終了後実務経験を積み、介護福祉士(国家資格)を目指すことができます。また資格を得ることにより、就職やシニアのセカンドキャリア形成としても有利になるとされています。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年10月9日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら