【遊技機】特許資産規模ランキング2019、トップ3はSANKYO、三洋物産、大一商会

弊社は11月27日、独自に分類した「遊技機」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「遊技機業界 特許資産規模ランキング2019」をまとめました。2018年4月1日から2019年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 SANKYO、2位 三洋物産、3位 大一商会となりました。

1 位 SANKYOの注目度の高い特許には、「複数の報知演出を好適に実行する遊技機」や「遊技者の有利状態が終了した後でも遊技の興趣を向上させるスロットマシン」が挙げられます。

2 位 三洋物産の注目度の高い特許には、「単調感を払拭して興趣を向上できる遊技機」や「遊技媒体の払出を良好に行うことができる遊技機」が挙げられます。

3 位 大一商会は、「事前報知演出の信頼度を向上させて遊技の興趣低下を抑制する遊技機」や「演出を活かしつつ稼働の低下を抑制し得る遊技機」などが注目度の高い特許として挙げられます。

4位のサンセイアールアンドディは「図柄の変動表示に応じて演出効果を向上した遊技機」、5位のユニバーサルエンターテインメントは「可動する複数の被投影部(スクリーン)が当接するときの損傷を防ぐ遊技機」などが注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「遊技機 特許資産規模ランキング2019」にてご覧いただけます。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年11月27日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。