“施設外玄関帳場”を併設し観光客と地域住民のタッチポイントに 希少な京都肉を堪能する「紡(つむぎ)Dining」3月20日グランドオープン京町家をフルリノベ1Fにオープンダイニング、2Fはバーラウンジ

京都市内で不動産売買や宿泊施設の管理運営を行う株式会社レ・コネクション(京都市下京区、代表取締役 奥田久雄)は、2020年3月20日に京都市中京区において施設外玄関帳場(注1)を併設した飲食店「紡(つむぎ) Dining」をグランドオープンします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211330&id=bodyimage1

一体感を生む店内レイアウト 京都肉をメインに、旬の素材を月替わりのコースでご提供

■観光客と地域住民とのタッチポイントとなる飲食事業を展開し、相互理解のきっかけに
当社は2016年の設立以来、「人を結び 街を紡ぐ」をコンセプトに、不動産を通して京都の未来を紡ぐ担い手となることを目指して事業に取り組んでおります。京町家の保存再生の一手として、空き家となり放置されたままの京町家を宿泊施設へと甦らせる事業を積極的に行なっております。自社で管理運営する宿泊施設は一日一組限定の一棟貸しブランド「紡 Machiya Inn」を中心に京都市内で現在50棟に上り、今夏70棟までの拡大を予定しています。
このたび新事業である「紡 Dining」をオープンするに至った背景には、ゲストの満足度の向上を図ることはもちろん、2020年4月より京都市の新条例が施行となり設置が義務付けられる「施設外玄関帳場」の存在があります。施設外玄関帳場は宿泊ゲストのチェックイン対応などを行なうため、基本的にゲストのためだけの場所です。当社はそこに飲食店という地域住民も訪れることができる場所を併設させることにより、双方の交流が生まれる空間を目指しています。観光客と地域住民との間に生ずる軋轢が昨今問題となっていますが、 “おいしい”という共通の体験を通じて相互理解のきっかけとなる場を提供できればと考えております。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月6日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。