第32回介護福祉士国家試験に外国人オンライン講座受講生18名が合格。今年度はZOOMテレビ会議システムを導入し、さらに双方向性を高め合格者数増加を目指す。

一般社団法人外国人介護職員支援センター(千葉県市川市、代表理事 井上文二)では、外国人向け介護福祉士試験対策オンライン講座の18名が第32回介護福祉士国家試験に合格しました。(合格発表は3月25日)4月よりZOOMテレビ会議システムを導入し、教育の質をさらに高めます。

当センターが運営する外国人向け介護福祉士国家試験対策オンライン講座(WebTutor)の2019年度最終在籍数は約90名。その約2/3が先の第32回介護福祉士国家試験を受験しました。

外国人合格者は18名、その内訳は以下の通りです。

(合格者内訳)
1.フィリピン 11名(内、EPA介護福祉士候補者 4名)
2.インドネシア 3名 (内、EPA介護福祉士候補者 1名)
3.ベトナム 2名 (内、EPA介護福祉士候補者 1名、専門学校留学生 1名)
4.中国 1名
5.ルーマニア 1名

上記は現時点での判明数値です。(昨年度の合格者は6名でした。)

さらに、当センターのハードディスク入りレッスンビデオやユーチューブ動画レッスンで勉強された外国人、またビデオ解説付き模擬試験で勉強された外国人の方々もたくさん合格されています。

今後は新型コロナウィルス感染予防対策で外出が難しく、ストレスを感じやすくなることが予想されます。そこで、2020年のオンライン講座では4月よりZOOMテレビ会議システムの活用講座も追加することにしました。すでに一部生徒とZOOM講座受講の練習を始めており、まずは4月第2週より過去問題勉強会を開始します。リアルタイムのコミュニケーションを図りながら、双方向性を高めてモチベーション維持・合格者の増加につなげていきます。

お問い合わせ先:
一般社団法人外国人介護職員支援センター
〒272-0021 千葉県市川市八幡5-15-14
電話 047-713-6214
メール info@caregiverjapan.org
HP http://caregiverjapan.org/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212589&id=bodyimage1


配信元企業:一般社団法人外国人介護職員支援センター
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月30日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。