タクシー業界初 駐車場シェアリングサービス「Smart Parking」を導入。タクシー車両基地の駐車場スペースを有効に活用し、違法駐車対策にも効果を期待。

2020年6月1日、株式会社フジタクシーグループ (本社:愛知県名古屋市西区、社長:梅村尚史、以下 フジタクシー)は、空いたスペースをお持ちの方と駐車スペースを求める方をつなぐ駐車場シェアリングサービス「Smart Parking」を手掛ける株式会社シード(本社:愛知県名古屋市中村区、代表:吉川幸孝 以下:シード)とタクシー業界では初めて提携をすることで合意、締結した。

タクシー会社の車両基地を利用した「Smart Parking」導入は国内初の取組み。
緊急事態宣言後、タクシー需要は激減。売上も大幅に減少し稼働車両も制限している状態。
一方、シードが展開するSmart Parkingの需要は公共交通機関の利用控えから、自宅から会社までの車通勤が増加。余計な初期投資がかからない分駐車料金が安いSmart Parkingの需要は消費者ニーズとマッチし利用が増加。さらにテレワーク層の自宅周辺のパーキング需要も増加している状態にある。
兼ねてから両社との取引があるタクシー広告を手掛ける(株)タックスの提案により未稼働車両を車両基地内に詰めて駐車させることで、提供できる駐車スペースを確保。
減少傾向にはあるものの、タクシー業務の負担にならない様に窓口を(株)タックスが担当することで3社協力の元で実施に至る。

全国的な外出自粛要請の中で客足と収入が大幅に落ちているタクシードライバーの継続雇用の為にも導入を決めたという。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。