新シリーズ「十勝ハーブ牛 シャルキュトリー」商品の本格販売を開始、ベーコン、フランクソーセージ(ホルモン入り)など8種類 ~これから迎える夏のお中元、アウトドアシーズンに向けて

北海道最大規模の畜産グループ、ノベルズグループで6次産業化、食品事業を推進する、株式会社ノベルズ食品(本社:北海道河東郡上士幌町、代表取締役:西尾康宏)は、新商品として「十勝ハーブ牛 シャルキュトリー シリーズ」の販売を本格的に開始しました。

「シャルキュトリー」(charcuterie:フランス語)は、ハム、ソーセージ、サラミ、パテ、テリーヌなどの食肉加工品の総称です。肉の種類や素材、産地、製法、香料、添加物によって特色があり、ワインやビールなどアルコールのつまみとして、欧州など各地で広く消費されています。

主に豚肉を原料としたシャルキュトリー商品が数多く流通する中、本シリーズ商品では当社ブランド国産牛「十勝ハーブ牛」を使用。「ベーコン」(スライス/ブロック)、「ソーセージ」(プレーン/レバー入り/フランクフルト・ホルモン入り)、「パストラミ」、「ミートローフ」(レバー入り)、「モルタデッラ」商品を展開するほか、3,000円~7,000円のセット商品も取り揃えています。製造は、十勝・鹿追町の協力ファクトリーが担当。十勝の大自然を背景に健康的に育まれた十勝ハーブ牛に対して、サクラチップの燻煙の香りと絶妙な塩加減が素材の新たな旨味を引き出し、手作業で時間をかけて仕上げている点が特徴です。

当社では、直販ECサイト「十勝ハーブ牛専門店」(https://nobelsfood.com/)を通じて5月下旬より本シリーズのテスト販売を開始。また、6月11日オープンの「道の駅かみしほろ」(上士幌町)で販売を開始しています。製造工程が手作業のため、当面、直販EC、道の駅中心の販路となりますが、これから迎えるギフトシーズンやアウトドアシーズンに向けて、「十勝ハーブ牛」の新たな魅力を伝える加工品シリーズとして、ワイン愛好家、アウトドア層など様々なターゲット層へ広く訴求してまいります。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。