外国人介護職への無料教育支援:介護日本語から介護福祉士国家試験受験までの無料学習支援の提供に協力していただける国際介護人財組合介護事業者賛助会員の募集を開始

一般社団法人外国人介護職員支援センター(千葉県市川市、代表理事井上文二)は、一般社団法人国際介護人財組合(通称INAまたはINA組合)と共同で外国人介護職への介護日本語及び介護福祉士国家試験対策学習を無料で提供しており、6月18日にINA組合介護事業者賛助会員の募集を開始しました。

INA5年教育支援プログラムは、今後来日する特定技能外国人介護職が滞在5年のうちに介護福祉士国家試験合格を目指せるよう、介護現場で必要な介護日本語学習に始まり、介護知識の復習、実務者研修自宅学習及び介護福祉士国家試験対策の受験勉強までをステップごとに学習できるようになっています。このプログラムを在留資格の種類に関係なく、賛助会員事業者所属のすべての外国人介護職に対して無料で提供する計画です。また、賛助会員事業者にも希望があれば教育コンテンツの動画や教材を無料で貸与し、職場研修を通じて、学習支援をより効果的にできるようにしています。


同教育支援プログラムには、通常の動画学習に加え、ZOOM会議システムを利用したリアルタイム授業も受講でき、また、介護技能実習生には初年度技能実習評価試験対策講座も提供します。

また、介護事業者賛助会員には外国人介護人財の採用についても支援することになります。近日中に運用が開始される人材マッチングサイト”CARE SPOT”への求人広告掲載や採用時成約手数料などの費用が一切無料になる仕組みです。CARE SPOTは、スキルアップ志向の高い外国人介護職と外国人育成に力を入れる介護事業者が直接連絡を取り合い、採用に結び付けられる仕組みを採用しています。(INA組合の正会員の対象は外国人介護職とし、会費等費用は一切無料。現在の正会員数は1,000名超。)

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月19日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。