TPCマーケティングリサーチ株式会社、国内のチーズ市場について調査結果を発表

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、国内のチーズ市場(家庭用・業務用)について調査を実施、その結果を発表した。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000227354&id=bodyimage1


2019年度のチーズ市場は前年度比1.8%増の3,558億円となった。
プロセスチーズは微減、ナチュラルチーズは堅調推移

2019年度のチーズの市場規模は前年度比1.8%増の3,558億円となった。種類別では、プロセスチーズが同0.1%減の1,790億円、ナチュラルチーズが同3.8%増の1,768億円で推移した。
プロセスチーズについては、家庭用において、販売規模の大きいスライスや6Pが前年実績を確保したほか、おやつ・おつまみ需要の高まりからベビー、カルトンが伸長。一方、業務用は、年度末のコロナ禍の影響などでダウン推移となった。
一方、ナチュラルチーズについては、家庭用・業務用とも堅調に推移。家庭用では、全体の約4割を占めるシュレッドが好調に推移したほか、TV番組で健康効果が紹介されたカマンベールが大きく伸長した。業務用では外食向け・食品加工向けでチーズ使用の付加価値メニューが増加傾向にあることに加え、スイーツ向けの需要量が増加したことから市場が拡大した。
2020年度は、同1.3%増の3,603億円となる見通し。コロナ禍の影響による内食需要の高まりから、家庭用の割合が高いプロセスチーズは伸長する一方、業務用の割合が高いナチュラルチーズはダウン推移となる見込み。

当時の記事を読む

ドリームニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月2日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。