医療的ケアが必要な子どもの避難支援ネットワーク 『ひなんピング』 移動式避難所「キャンピングカー」見学会を世田谷区にて初開催します

女性の社会参画を支援している特定非営利活動法人輝くママ支援ネットワーク「ぱらママ」(岡山県岡山市、代表理事:藤井弥生)は、災害時の要支援者である「医療的ケアが必要な子ども」(以下、医ケア児)のいる家族の元へ、移動式避難所「キャンピングカー」を早期に届けるネットワークシステムを構築します。その事業の一環として、2022年3月までに、個別避難計画書をオンライン上で作成するシステム制作、キャンピングカーの見学会、楽しくアウトドアをしながら避難体験イベントなど、企業や自治体に協力していただきながら、医ケア児家族の避難支援に関連する様々な事業を実施いたします。
一年目となる今年度は、岡山県内にて実施して参りましたが、東京、福岡、福井など、全国からお問合せをいただき、地域性が大きく関係することが明確になりました。地形や住宅事情、共助の仕組みなど地域によって異なるため、必要な支援も異なります。今後の全国展開を見据え、日本最大級の医療センターを持ち、医ケア児の先進的な支援体制を整えつつある世田谷区にて、全国で初めての見学会を開催することといたしました。

※医療的ケアが必要な子=生きるために日常的な医療的ケアと医療機器(気管切開部の管理,人工呼吸器の管理,吸引,在宅酸素療法等)が必要な子(以下、医ケア児)

■医療的ケアが必要な子どもの避難の現状と課題
≪避難所≫公的な避難所を利用できるのは、要支援者1名に対し介護者は1名と限定されており、家族で避難することはできません。また、免疫力の低い医ケア児にとって、避難先で3密回避できる環境は必須条件となります。さらに、環境の変化に弱い子どもが多く、避難所では精神衛生上の配慮も必要です。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドリームニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク