【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000257782&id=bodyimage1

2022年4月27日、ジンコソーラーは同社の研究院が自主的に開発した182mmのN型単結晶太陽電池セル技術が重大な突破を遂げたと発表した。第三者認証機関である中国計量科学研究院(National Institute of Metrology.China,以下NIM)の実験室の認証により、大面積N型単結晶シリコンTOPCon太陽電池セルの変換効率25.7%が達成し、新しい世界記録を更新した。

この単結晶シリコン太陽電池は、高品質のCz単結晶シリコン基板上に製造された。高温ゲッタリング、高度な拡散、半透明の金属化、ジンコソーラーの自己開発HOTテクノロジー、および一連の材料のアップグレードがセルプロセスに統合され,最大変換効率25.7%を達成し、2021年10月の世界記録を再び突破した。

ジンコソーラーCTO(最高技術責任者)の金浩博士は「N型単結晶太陽電池セルの変換効率が25.7%達成したことは、N型TOPCon技術は再び重大な突破を遂げたと示します。ジンコソーラーは引き続き技術アップグレードと量産加速を進め、N型製品の市場競争力を向上させ続けます。」と述べた。

------------------------------------------------------------------------------