まち育てプロジェクト「まちいくふじかわ」を主催するむすび株式会社(本社:東京都目黒区、代表:深澤 了)は、「甲州富士川・本菱・純米大吟醸2022」の予約販売を4月15日より開始いたしました。
本菱特設サイト: http://honbishi.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000257996&id=bodyimage1

■「甲州富士川・本菱・純米大吟醸2022」
原材料:米(山梨県富士川町)
    米こうじ(山梨県富士川町)
使用米:山梨県富士川町産山田錦100%使用
アルコール:16.5度
精米歩合:50%
製造:萬屋醸造店
価格:720ml:4,053円(税込)
300ml:1,823円(税込)

ご予約はこちらから https://machiiku.stores.jp/


 本菱は120年前まで富士川町(旧鰍沢町)でつくられ、飲まれていた日本酒です。120年前の日本酒を復活させ富士川町に新しい地域資産をつくりあげることを目的にスタートした「まちいくふじかわ」プロジェクト。2017年4月、初めて日本酒の復活に成功し商品化いたしました。それ以降、限定数ではございますが、毎年、その年の「本菱」をお届けしております。
 また、酒造り未経験のメンバーが復活させた当商品は、商品化からわずか5年で「Kura Master日本酒コンクール」や「ロンドン酒チャレンジ 」など世界で評価されるまでになりました。偶然集まったメンバーの縁によって作られた日本酒。本菱は縁をむすびたい人と、むすばれた縁に感謝するお酒です。