株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ダイアフラムポンプの世界市場:メカニズム(空気作動、電気作動)、オペレーション(単動、複動)、吐出圧力(80バール以下、81~200バール、200バール超)、エンドユーザー、地域別 - 2027年までの動向と予測」(MarketsandMarkets)の販売を5月18日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1071916-diaphragm-pumps-market-by-mechanism-air-operated.html

ダイアフラムポンプの市場規模は、2022年の61億米ドルからCAGR4.5%で成長し、2027年には76億米ドルに達すると予測されています。これは、上下水道処理産業の成長が主な推進力となっています。また、石油・ガス活動の活発化も、近い将来、ダイヤフラムポンプ市場の需要を押し上げると思われます。

COVID-19のダイアフラムポンプ市場に与える影響

パンデミックは、国際貿易を妨げ、石油・ガス、化学・石油化学、発電、自動車・輸送、鉱業など、さまざまな産業に影響を与え続けています。多くの製造施設が閉鎖を余儀なくされ、最終市場のダイヤフラムポンプの需要に影響を与え、前例のない規模のサプライチェーンの混乱にもつながりました。米国エネルギー情報局(EIA)によると、コロナウイルスの蔓延を抑えるために採用されたロックダウンにより、2020年の石油液体消費量は9%減少しました。この封鎖措置により、道路輸送、民間航空、海上輸送の各分野が停止し、燃料の需要が減少したことで、世界の石油需要は落ち込みを見せ、新規の石油開発活動も停止しました。このため、石油・ガス業界や化学・石油化学業界におけるダイヤフラムポンプの需要に影響が及びました。また、パンデミック時には、世界各地で電力需要や発電量に変動がありました。