株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「産業用バッテリーの世界市場 - COVID-19影響分析:バッテリータイプ(鉛酸、リチウムイオン)、最終用途業界(固定、可動)、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を5月19日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1072703-industrial-batteries-market-covid-impact-analysis.html

産業用バッテリーの市場規模は、2022年の181億米ドルからCAGR9.2%で成長し、2027年には281億米ドルに達すると予測されています。定置型最終用途産業の成長が、産業用バッテリーの需要を高めています。また、再生可能エネルギー分野におけるリチウムイオン電池の採用も、同市場の主要な推進要因となっています。

COVID-19の産業用バッテリー市場に対する影響

COVID-19パンデミックは、2020年4月まで、世界中で50億人以上に影響を及ぼし、100カ国以上が封鎖下におかれました。このパンデミックは、業界のサプライチェーン、原材料価格、電池の輸出入、組織の運営に影響を及ぼし、産業用バッテリー市場にも影響を与えました。

COVID-19の発生により、主要メーカーが下位サプライヤーからの部品や原材料不足による問題に直面し、産業用バッテリー市場の成長に影響が及びました。Samsung SDI Co., Ltd.などの主要バッテリーメーカーは、COVID-19への対応のため、マスクや除菌剤などのヘルスケア商品の製造に重点を移しています。LG Chem(韓国)、BYD(中国)などの産業用バッテリーメーカーは、サプライチェーンの制約を克服するため、中国以外での調達を拡大する計画です。LG Chemは、中国およびアジア太平洋地域の製造子会社の生産戦略を再検討する計画を発表しています。