株式会社シグナルトーク(所在地:東京都大田区、https://www.signaltalk.com/)代表取締役、栢 孝文(かや たかふみ)は、新型コロナ発症と食生活や生活習慣との関連の研究をまとめた著書『新型コロナ発症した人 しなかった人』を発売しました。AIが新型コロナの発症リスクを判定するサービス「Corona Lab(コロナラボ)」や食品健康度判定サービス「FoodScore(フードスコア)」など、世界初となる数々のサービスを手掛けてきた著者が提唱する、新型コロナと共に生きるしかない時代の必読書です。
●幻冬舎ゴールドオンライン 話題の本.com https://wadainohon.com/books/978-4344937192/
●Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4344937198

■“毎日の食”が免疫力を高め、新型コロナウイルスと闘う力をサポート
ウイルスの排除や抑制に働く免疫力は食生活、生活習慣などの環境因子によって左右されます。著者は新型コロナ発症リスクも食によって左右されるという仮説に基づき、これまでのべ1万件以上の食生活をAIで分析。さらに自社開発の新型コロナ発症リスク判定サービス「Corona Lab(コロナラボ)」の運用を通して、新型コロナを「発症した人」と「発症しなかった人」の食事や生活習慣から、日常の食生活と新型コロナ発症リスクには密接な関係があることを突き止めました。