株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「燃料電池の世界市場 - 2027年までの予測:タイプ別 (PEMFC、SOFC、PAFC、MFC、DMFC、AFC) 、用途別 (ポータブル、定置、燃料電池車 (FCV))、サイズ別 (小型、大型) 、エンドユーザー別、地域別」(MarketsandMarkets)の販売を5月23日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1073222-fuel-cell-market-by-type-pemfc-sofc-pafc-mfc-dmfc.html

燃料電池の市場規模は、2022年に29億米ドルからCAGR26.0%で成長し、2027年には91億米ドルに達すると予測されています。排出量の少ないクリーンな発電に対する需要の高まりが、市場成長の主な要因となっています。また、世界各地で行われている炭素排出に関するさまざまな規制が、近い将来、燃料電池の需要を押し上げると考えられます。

COVID-19の燃料電池市場への影響

燃料電池市場は、必須事業として行われているため、COVID-19の影響は緩やかなものでした。一方、人手不足、設備の停止、中電圧機器サプライヤーの不足、請負業者/下請け業者の生産性低下などにより、設置およびメンテナンス業務がより深刻な影響を受けています。