株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ECMO (体外式膜型人工肺) の世界市場 (2022-2030年):市場規模 (モダリティ・用途・患者層別)・地域的展望・成長の潜在性・市場シェア・予測」(Global Market Insights Inc.)の販売を6月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1088274-extracorporeal-membrane-oxygenation-market-size-by.html

ECMO (体外式膜型人工肺)市場は、心肺疾患や呼吸不全の症例が増加していることから、2030年までに大きく成長すると予想されます。また、感染症が増加していることや、ECMO装置のさまざまな利点に対する認識が高まっていることも、今後数年間で市場成長を加速させる可能性があります。

COVID-19の流行期間中、重症患者のための余剰生命維持システムに対する要求が高まったため、市場は急激な需要を目撃しました。特に、ECMOセクターにおける有利な政府政策と支援的な投資は、市場収益をさらに押し上げています。例えば、2022年5月、フロリダ州ネープルの非営利医療システムであるノースコリアー病院(NCH)ヘルスケアシステムは、心臓患者に余命保護を提供するためにECMO装置に多額の投資を行いました。NCHは、8人のECMO患者に一度に数時間から数週間のサポートを提供できる設備を整えたと報告しています。