【こだわりすぎはホンダのサガ?】ホンダがドライビングシミュレーターを開発する理由|その2|

【こだわりすぎはホンダのサガ?】ホンダがドライビングシミュレーターを開発する理由|その2|
拡大する(全1枚)
ホンダが運転免許教習所向けに販売する安全運転教育用ドライビングシミュレーターが2021年4月にマイナーチェンジを実施した。そもそも、ホンダがなぜ、ドライビングシミュレーターの開発をしているのか。
前回は、ホンダがいち早く安全運転普及活動を行うことにした経緯が、まさに創業者である本田宗一郎の人に寄り添う企業姿勢を具現化したものであることをお伝えした。今回は、ホンダのドライビングシミュレーターについて歴代モデルから進化の過程を見ていこう。
 
【画像】ドライビングシミュレーターの初代は動きも価格もスゴイ、からの進化

 
ドライビングシミュレーターは2輪向けの開発から
 
ホンダが安全運転教育用シミュレーターを手がけたのも、2輪用が最初だ。
 
狙いは「KYT」と呼ばれる危険予測トレーニング。KYTは1970年代にドイツで始まり、日本では74年に長山泰久・大阪大学名誉教授が初めて安全運転教育に導入した。
 
安全運転普及本部もその重要性を認識し、研究開発活動を強化。その取り組みの一つとして開発されたのが、96(平成8)年に完成した世界初の教育用ライディングシミュレーターだ。この年から大型2輪免許が自動車教習所で取得できるようになり、その教習制度施行に合わせてシミュレーター教習が採り入れられるようになった。
 
2輪シミュレーターは教習所から高い評価を受け、98年には4輪シミュレーターの開発プロジェクトがスタート。2001(平成13)年に初代の4輪ドライビングシミュレーターが発売された。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ホンダ」に関する記事

「ホンダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ホンダ」の記事

次に読みたい「ホンダ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク