日産GT-R「Tスペック」のボディカラーに込めた思い…R34 GT-R最終モデルをオマージュ

このマルチフレックスカラーという新しい材料は、数が限られており、開発時の曝露(ばくろ)試験などでもあまり量が使えなかったので、非常に苦労しました。

■2022年モデルでミッドナイトパープルが採用された理由

2022年モデルのTスペックを開発するにあたって、商品企画の責任者である田村宏志チーフ・プロダクト・スペシャリスト(以下CPS)からリクエストされたのは2点。1つはGT方向の色、もう1つはR方向の色、この2つをぜひ作ってほしいと。

そのR方向の色として開発されたのが、このミッドナイトパープルです。これはR34のときと同様にマルチフレックス顔料という、色が変わる材料を使って再現しています。今は当時のような材料の制限はなくなりましたから、デザイナーのイメージをいかに具現化するかに注力しました。

イメージソースは「オーロラ」です。白夜に輝くオーロラは、太陽風の影響を受けて空気自体が発光して光輝く現象なんですね。ただこの塗料の場合、光を受けた反射光が見えています。ですので、光輝くものを再現することに非常に苦労しました。塗料の塗膜はだいたい10ミクロンから20ミクロンぐらい。髪の毛の4分の1から5分の1くらいしかないんですよ。その薄さのなかで、発光色を再現するのには、非常に苦労しました。クルマのまわりをまわっていただくと、オーロラのようなドラマチックな色の変化を楽しんでいただけると思います。

■日本の伝統色にヒントを得たミレニアムジェイド
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク