トヨタ「大変残念」…日本製鉄がトヨタと中国の鋼鉄大手を特許侵害で提訴

トヨタ「大変残念」…日本製鉄がトヨタと中国の鋼鉄大手を特許侵害で提訴
拡大する(全1枚)
日本製鉄は10月14日、電磁鋼板の特許を侵害されたとしてトヨタと中国の鋼鉄大手・宝山鋼鉄を相手に、それぞれに対して約200億円の損害賠償を求めた。さらにトヨタに対しては電磁鋼板を使用したモーターを搭載した電動車の製造・販売の禁止も申し立てている。

この事案に関してトヨタは声明を発表。その内容によると、「弊社(トヨタ)としては、本来、材料メーカー同士で協議すべき事案であると認識しており、弊社が訴えられたことについては、大変遺憾」としている。

トヨタでは、さまざまな材料メーカーとの取引にあたってその都度、特許抵触がないことを材料メーカーに確認するプロセスを丁寧に踏んでいるとしている。そして今回、宝山鋼鉄の電磁鋼板についても、取引締結前に他社の特許侵害がないことを確認ののち契約に至っているとのこと。

今回、日本製鉄からの指摘を受けて、トヨタはあらためて宝山鋼鉄に確認。宝山鋼鉄から「特許侵害の問題はない」と報告があったという。

トヨタの声明は、「長年に渡り、日本の自動車産業、また弊社のクルマづくりを支えて頂き、また弊社の大切な取引先であります日本製鉄が、ユーザーである弊社に対し、このような訴訟を決断されたことは、改めて大変残念に思います。」と締めくくられている。

電磁鋼板は、特殊な製造プロセスによって鉄の磁石につく特性(磁気特性)を著しく高めた「高機能材料」で、発電所の発電機、電気機器や電動車・携帯電話の振動モーターなどの「鉄心(コイルの中にある鉄材、コア)」として広く使用されている材料。

〈文=ドライバーWeb編集部〉
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク