トヨタはなぜワンタッチウインカーを採用してこなかったのか…3秒ルールを守るのはトヨタだけ?

トヨタはなぜワンタッチウインカーを採用してこなかったのか…3秒ルールを守るのはトヨタだけ?
拡大する(全1枚)
■国内メーカーとしては最後だった

ちょっと旧聞に属するが、トヨタは国内で一社だけ乗り遅れていた便利機能の採用を、ヤリスからようやく始めた(OEMを除く、トヨタ製として)。

ウインカーレバーを軽く動かすと数回だけ点滅する、通称ワンタッチウインカー。ウインカーレバーを戻す手間がなく、戻し忘れも防ぐことができるため、車線変更などで使っている人も多いと思う。

欧州車ではかなり前から当たり前の装備になり、国内メーカーにも採用が広がった。今では軽乗用車にも付いている。ところが、トヨタだけはプレミアムブランドのレクサスでも、国内仕様にワンタッチウインカーを採用してこなかった。事実、アフター用品ではトヨタ車をワンタッチウインカーにできる後付けキットが販売されている。ナゼか!?

理由はご存じの方も多いはず。日本の道路交通法との関係だ。

該当するのは、①道交法第53条第1項、および②道交法施行令第21条。要約すると、①車両のドライバーが進路を変えるときには方向指示器、つまりウインカーで合図を出し、進路変更が終わるまでそれを継続しなければならない。②同一方向に進行しながら進路を変えるとき、つまりレーンチェンジにおいて方向指示器で合図を出す時期は、進路変更を始める3秒前。――と定められている。いわゆる「3秒ルール」だ。

一方、欧州車から日本車に広まったワンタッチウインカーは、基本的に3回点滅して消灯する。この点滅の継続時間が国内の法令に照らしてどうなのか!? というのが、これまで折に触れてトヨタ関係者から得た見解だった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク