『上善如水(じょうぜんみずのごとし)』といえば、日本屈指の米どころとしても知られる新潟県魚沼にある白瀧酒造が作っている吟醸酒。すっきり爽やかな飲み口で、日本酒が苦手な人でも飲みやすく、日本酒のスタンダードといえばまずこれを挙げる人も多い。

そんな『上善如水』には、透明感のあるパッケージでも有名な吟醸酒『白の上善如水』以外にもたくさんの種類がある。ライトな飲み心地の純米酒『赤の上善如水』、すこしだけ贅沢な純米吟醸酒『桃の上善如水』、上品で華やかな大吟醸『紺の上善如水』、純米大吟醸『黒の上善如水』……(※現在は販売終了したものもあります)。そして注目は、月替わりの“12ヶ月の酒”に登場する『上善如水』だ。

“12ヶ月の酒”は、製造元の白瀧酒造が日本の旬と旬の酒をテーマに、『上善如水』以外の銘柄も含めて毎月提案している限定の日本酒だが、なんと12ヶ月のうち9ヶ月が限定の『上善如水』なのだ。『かすみの上善如水(うすにごり酒)』『恋の上善如水』『はじける上善如水(缶入りで微発砲)』など、どれもこれも魅力的で心をくすぐるものばかりだ。

先日、6月(水無月)の限定酒『なまの上善如水』を口にする機会があった。こちらはその名のとおり純米吟醸の生酒である。蛇足だが、日本酒の種類を簡単に説明すると、大吟醸・吟醸・本醸は醸造アルコールを添加しているもの、純米大吟・純米吟醸などとその上に“純米”が付くと、米と水だけで作られたものを指す。また、酒造りの際の米を削る過程で、削り方がより多いものから大吟醸・吟醸・本醸(純米も同様)となる。そして生酒とは製造過程で加熱処理を施していないお酒のことを言う(通常は加熱処理を行って殺菌を施す)。