bit

老眼鏡、使い始めはズバリ何歳から?

高校時代にメガネをかけ始めて、はやン十年。
10代、20代の頃は視力の変化も激しかった上に、うっかり自分で踏みつぶしたりといった粗雑さも加わって、今よりも頻繁にメガネを作っていたように記憶している。

そんな私も年齢を重ねるごとに多少は扱いもよくなり、現在使っているメガネは8年目を迎えた。心なしか、ちょっと見づらくなったかも、と思いつつ、まだ見えるからいいや、と使っているけれど、さすがに8年は長過ぎかな? と買い替えを意識しながらいろいろ調べていると、「中近レンズ」「近近レンズ」「パソコン用レンズ」というあまり聞きなれないレンズがあることに気がついた。

「遠近両用」というのは知っているけれど、これは一体なに?
メガネレンズを専門に扱うという、フレームのないメガネ店「れんず屋」さんに話を気いてみた。

「『中近レンズ』、『近近レンズ』は共に基本的には老眼鏡です。通常の老眼鏡は30~50cmの範囲しか見えませんが、『中近』はさらに3m~最大5mくらい見え、手元の作業からオフィス内も見渡すことが出来ます。遠近よりも中間帯の視野が広いので、パソコン作業などにも向いています。『近近』は通常の老眼鏡(30~50cm)よりも少し遠く、最大1m位が見え、パソコン向きです。老眼鏡の進化系で、ワイドレンズという通称で呼ばれることもあります」と代表の古屋さん。

これらのレンズは最近開発されたものなの?

「いえ、『中近レンズ』はすでに20年前(SEIKO)からありましたが、ほとんど知られていませんでした。従来の老眼鏡では遠くが見えないため、メガネをずり下ろす鼻メガネや、メガネを取り外して対応される方が多かったので、その解消としてこれらが登場したんです。その後、この10年でパソコンが普及し、従来の遠近両用ではPC作業がしにくい、といったことから知られるようになりました」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク