bit

三十三間堂は東京にもあった

三十三間堂は東京にもあった
江東区に残る江戸三十三間堂の跡を示す碑。
京都で大好きなスポットのひとつが、妙法院の蓮華王院、いわゆる「三十三間堂」だ。

全長約120メートルの堂に並ぶ、1001体の仏像群。整然と並び、遠くまで続く金色の千手観音像。その鈍い輝きと迫力に、何度訪れても圧倒されてしまう。なんというか、カッコいいのだ。ついでに京都駅から近いというのも、またいい。

そんな三十三間堂が、東京(江戸)にも存在していた。「江戸三十三間堂」というのがそれだ。
東京の三十三間堂は、最初は浅草にあった。創建は寛永19(1642)年。現在、かっぱ橋道具街の近くにある矢先稲荷神社が、銅の鎮守だった。神社にはこんな解説文が書かれていた。
「三代将軍家光公が武術奨励のため京都三十三間堂を模してこの地に三十三間堂を建てた」
京都の三十三間堂の建立は平安時代の長寛2(1164)年(のちに焼失。現在の堂は1266年の再建後のもの)で、平清盛が私財を投じたのだそうだ。江戸の三十三間堂は、その名の通り、京都のそれにならった建築物だったわけだ。お台場にある自由の女神みたいなもんか、違うのか。

ところで三十三間堂といえば、「通し矢」の舞台としても有名である。お堂の軒下、一直線に伸びた縁がその舞台。今もお正月に晴れ着姿の新成人が弓をひき、その名残が残っているわけだが、武芸が奨励された江戸時代に、弓術の腕前を競う場として最もふさわしい弓術スタジアムとして、通し矢の殿堂・京都三十三間堂を模した建物の登場ということになったのだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年7月31日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース