bit

あなたも漁師に転職できる

あなたも漁師に転職できる
沖合遠洋漁業の様子
なにやら税金増加、不景気、上司とのストレスとか山積みになっちゃうと、こんなキビシー会社員生活を投げ捨てて、いっそのころマグロ船の漁師にでもなって一攫千金! とか考えちゃいますねぇ~。でもいったい漁師になるのはどうしたらいいんでしょう?

「いやいや今時、マグロ船に乗ってもそんなお金は稼げませんよ! 漁師という仕事はもっと地道な仕事なんです」と、全国漁業就業者確保育成センターの中村さん。全国漁業就業者確保育成センターでは、マグロ船員から、イカ漁の漁師まで広く漁師になりたい人を募集しているそう。マグロ船に乗って一攫千金! マグロ船に乗って借金が返せた! というのは、巷の伝説だったようだ……。じゃあマグロ船じゃなく普通の漁師なら、なれるんでしょうか?
「普通の漁師とひとくちに言っても、網で獲るか、釣りで獲るか、どういう魚を獲るか、どこで獲るか――で仕事の内容がぜんぜん違ってきますよ」

全国漁業就業者確保育成センターでは、漁師について深く知ってもらうためにウエブサイト「漁師.jp(ryoushi.jp)」を開設し、漁師になりたい人に広く情報を提供したり、準備講習会などで実際に漁を体験してもらったりして、漁師になる人を支援しているそう。

漁師=まさに海の男! ってかんじですよねぇ。やっぱり男っぽい人が多いとか、なにか必要なスキルとかいるんでしょうか?
「いえいえ、特にないです。やっぱり都会より自然が好きだとかいうくらいで、人間関係が大事とか普通の会社と変わらないですよ」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年9月24日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース