bit

韓国のミスドは、かなり進化している

いきなり宣伝のような口調で恐縮だが、ミスタードーナツが好きだ。
いや私に限らず日本人なら、お母さんが買ってきてくれたり、学生時代にコーヒーをおかわりして友達と閉店までねばったり、山下達郎のテーマソングが時々頭に浮かんだりと、ミスドにまつわるそれぞれの思いがあるはず!? だ。

そんな国民的ドーナツのミスドが、昨年4月から韓国に出店し好評を得ている。しかも、イチゴ味のエンゼルフレンチや、サツマイモのオールドファッションなど、日本にはないメニューが盛りだくさんだという。
それって日本より先をいっているのでは? ミスド好きとして早速確認してみた。

韓国展開を進めるミスタードーナツコリア本部長の東さんにお聞きすると、9月末現在、発売中の37種類のうち、半数に近い16種類が韓国オリジナルのドーナツだという。アジア諸国にもミスドはあるが、ここまで独自性を持って展開している国は他にない。
「当初は日本の商品をそのまま持ってきたかったのですが、取り寄せできる原材料の違いや、日韓の嗜好の違いから、新メニューを開発することになりました」と東さん。
オープンに合わせ、韓国人に好まれるフルーツ系・抹茶系の味を多数開発した。イチゴ味のふわふわドーナツ「ポンデストロベリー」は、生地にもイチゴを練りこみ、表面に乾燥イチゴを乗せることで、日本のミスドにはあまりない甘酸っぱいドーナツとなっている。

新商品の開発サイクルがとんでもなく早いのも、韓国ミスドの特徴だ。今年8月に豆腐ドーナツを出したと思ったら、9月にはサツマイモドーナツを発表。2カ月後にはさらに次の商品を準備している。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク