bit

「クルム伊達」的な苗字を手に入れるには?

今年、12年ぶりに現役復帰し活躍している、プロテニスプレイヤー・クルム伊達公子選手。
登録名を戸籍と同じ「クルム伊達公子」に変更し、磨きをかけたライジングショットで観客を沸かせている。

ところで、そんな選手としての存在感もさることながら、同じく存在が際立っているのが名前。一日一度は声に出したい、クルム伊達公子。その響きの違和感が妙に心地いい。

日本人同士の結婚では、夫か妻のどちらかの姓(氏)を名乗ることが法律で決められている。それが国際結婚だと、申請しない限りお互いの姓はそのまま、夫婦別姓になる。

じゃあ、「クルム伊達」的な苗字を手に入れるにはどうしたらいいんだろう。法務省に話を伺った。
「そうした苗字は“複合氏”、一般的には“複合姓”などと呼ばれていまして、特別な申請が必要になります。通称で名乗るのは自由ですが、戸籍も変えたいようでしたら、役所ではなく家庭裁判所に申し立てる必要があります。ただし実際には認められない場合も多いようです。苗字を変えないと何らかの不都合が生じてしまうなどの、正当な理由が必要になります」

“何らかの不都合”っていうのは、例えば相手の国で複合姓が認められていて、複合姓に合わせないとややこしいっていう場合。他には、通称として名乗っている複合姓が周りに浸透している場合など、理由はさまざま。“カッコイイから”みたいな単純な理由じゃ難しい。家庭裁判所を納得させられる、変えざるを得ない理由があって初めて、クルム伊達的な名前を手に入れられるようだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク