bit

狂犬病が発生していない国・地域はかなり少ない!?

       
去る9月28日は、世界狂犬病予防デーだったという。
日本では、野犬捕獲や飼い犬の登録、予防接種を徹底させたことにより、狂犬病の発生は、ヒトでは昭和29年、動物では昭和32年を最後にない。でも、平成18年にフィリピンで狂犬病に感染したらしい旅行者が2人、帰国後に発症して亡くなられたという話や、今年では、松岡修造さんが海外で犬に噛まれ、狂犬病の話題が再浮上したなんてこともある。

そんな折り、厚生労働省の結核感染症課の担当の方からお話を伺えることになった。
「狂犬病は、名前のせいで、狂騒状態にある犬が狂犬病ウィルスを媒介する病気だと誤解されがちかも知れませんね」
意外な前置きからレクチャーが始まった。
「狂犬病に罹る可能性がある動物は哺乳類全てですが、ヒトの場合、犬、猫、狐、アライグマ、コウモリなどの動物から主に感染します。その中でも、9割以上の媒介例が犬からなので、犬の登録制度や狂犬病予防注射を徹底させることが、狂犬病予防に繋がるわけです」
 
狂犬病の症状は、2タイプ存在する。
そのひとつは、「狂騒型」。その名の通り、発病した動物が、興奮甚だしく攻撃的かつ狂騒的になる。あまり知られていないもうひとつのタイプが、「麻痺型」。犬の場合、後半身の麻痺がしばしば起こり、ほとんど動けなくなる。ヒトの場合、水が飲み込めなくなる「恐水症」や、僅かな空気の動きにも敏感に反応する「恐風症」といった症状もみられるそうだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年10月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。