bit

最近の歯ブラシの毛先、細くなってませんか?

最近の歯ブラシの毛先、細くなってませんか?
歯ブラシを選ぶときは毛先にもこだわって。
毛先が球状の歯ブラシが流行った時代があった。
1987年に、ヘアブラシを応用して誕生したというこの商品。歯ぐきを傷つけずに刺激でき、歯垢を引っ掛けて掻き出せるとして、またたく間にヒットした。
あれから約20年、主流は「極細毛」に変わってきている。その先駆者ともいえるのが、93年に独自の加工技術で生まれた商品“デンターシステマライオンハブラシ”。今、各メーカー形状は違えど、“極細”を売りにしている商品は多い。

移り変わる歯ブラシの毛先。デンターシステマなどの歯ブラシを開発しているライオン株式会社の、財団法人ライオン歯科衛生研究所に、極細毛が多い理由を伺った。
「歯周病の予防と改善には、歯周ポケットのプラークの除去が必須です。歯みがきの指導では、歯ブラシを45度の角度で当ててみがく方法が指導されていますが、実際のところ、上手く歯ブラシを当てられる方ばかりではないかと思います。そこで45度に傾けなくても歯周ポケットに毛先が入り込めるよう、超極細毛のデンターシステマを開発しました。つまり極細毛を使うことで、簡単に歯周ポケットのプラークを除去できるようにしたんです」

本当に正しい歯みがきをしようとしたら、それなりの技術と神経が必要になる。45度に傾けてみがく、巧みな歯ブラシコントロール。それが極細毛だったら、垂直に毛を当てれば、うまいことみがけちゃうってわけだ。

むし歯を持つ子どもは、昔よりも減っているとされる。親の意識が向上したことや、歯みがき剤にフッ素が入るようになったことが大きな理由。ライオンによると、歯みがき剤のシェアの88.6%<2007年年間販売量 (株)インテージSRI調べ ※フッ素配合商品については歯磨工業会定義による>は、フッ素が入ってるものだという。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年10月25日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース