bit

初心者でも楽しめる? モンティ・パイソンミュージカル

初心者でも楽しめる? モンティ・パイソンミュージカル
モンティ・パイソン上演中(2008年)のロンドンはパレス劇場。
以前コネタでも紹介されたイギリスコメディ(兼コメディユニット) の金字塔、「モンティ・パイソン」。英語圏においては、かの激辛かつ不条理ギャグのオンパレードで、それ以降のコメディ番組に良かれ悪かれ多大な影響を与えた。英語圏のコメディ番組の歴史区分には「パイソン以前」「パイソン以降」などのカテゴリーが存在するくらいだ。

1970年代の放映以来、日本ではカルト的な人気を誇っているが、モンティ・パイソンノンケのあなたの語彙の中に入り込んでいるモンティ・パイソン用語も幾つかある。先のコネタでも“スパム・メール”などに言及していたが、今回の生け贄は、1980年代からの息の長いゲームシリーズ、ウィザードリィのダンジョン内に棲息する“ウサギ型モンスター”(ボーパルバニー/vorpal bunny)。
ウィザードリィでは、ウサギの分際で、そこそこレベルの上がったPCの首を刎ねてしまうゲーマー泣かせのモンスターだが、その元祖はモンティ・パイソン発。
その名も、アンティオキアの殺人ウサギ。1975年制作のアーサー王と円卓の騎士のパロディ映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリーグレイル』に登場し、アーサー王ご一行を恐慌に陥れるラスボスだ。普通の白ウサギが、ピアノ線で吊られているかのように一直線に、鎖帷子をまとった中世騎士ののど笛にいきなり飛びついてくる登場シーンには、ずっこけるしかないのだが、一噛み必殺なところがオソロシイ……。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年12月23日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース