bit

インクジェットでモノクロ写真を楽しむには?

       
昔のアルバムや写真展で見られるようなキレイな銀塩モノクロ写真をインクジェットプリンタでプリントできないものか。そんな希望を叶えるモノクロ印画紙があるというので、早速試してみた。

今回使用したのは株式会社ピクトリコ製のモノクロ写真専用のインクジェットペーパー「月光(げっこう)」、同社製モノクロ変換ソフト「GEKKO-DI」、そしてエプソン製の顔料インク対応プリンタだ。まず、カラー画像をモノクロに変換する作業から。同ソフトは同社サイトから無料ダウンロードできるうえ、操作がとても簡単なのでお薦め。
jpg形式の画像を同ソフトで開くと、ほぼ同時にモノクロ画像に変換される。「純黒調」「冷黒調」「温黒調」「マニュアル設定」の4種類の変換モードがあり、画面で確認しながら好みのモードを選べる。その他、濃度や調子も調整でき、あとはプリントボタンを押せば完了だ。また、使用プリンタは「顔料インク対応で、複数のブラック系インクを搭載できるものがベターです」とピクトリコ。

プリントの仕上がりは、確かに銀塩写真っぽくなっている。だが、「しょせんはデジタルプリント。本物の画質には及ばないだろう」といわれるかも知れない。銀塩写真に比べれば差があるのは否めないが、「インクジェットならではの画質もあります」と同社。どういうことか。
月光シリーズには従来の銀塩写真ではできないテイストを実現するため、光沢を完全になくした「滑面無光沢紙」や「画材用紙」のような特徴の製品が用意されている。このような印画紙を使うと、写真というより絵画のような味わいの仕上がりになる。

画質の特徴によって「ブルー」「ブラック」「グリーン」「レッド」ラベルの計4種類に分かれており、価格はそれぞれA4サイズ20枚入りで2000円前後。カラーに飽きたら、モノクロ写真をプリントして、ちょっとアートな気分になるのもいいだろう。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年1月28日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。