bit

「股に手をはさんで寝る」という人について


つまり、カラダが本来持っているリズムとして、入眠時には「体温が高い」→「体温が低い」になるわけで、体温を下げるためには冷えて収縮した血管を温めて拡張する必要がある。
そのためには、カラダをあたためる=手足をあたたかくする必要があり、冬場などは特に「冷え切った手をあたたかい股にはさむと、体温が上がって放熱する→眠れる」というしくみのようだ。

加えて、股の間のやわらかい触感、「はさみこめる場所」という安心感も、影響しているのではないかという。
「寝つきをよくするための方法として、よく『頭寒足熱』といいますが、これは頭を冷やすことで深部体温を下げることと、手足をあたためて心身の末梢の血管を拡張し、放熱を盛んにするという意味があるんですよ」

眠れない夜、股の間に手をはさむのは、実に理にかなったことのようでした。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

  • 大人になると、なぜオネショしなくなるの?

    大人になると、なぜオネショしなくなるの?

  • 「スヌーズ」とどうつきあってますか

    「スヌーズ」とどうつきあってますか

  • コネタの記事をもっと見る 2009年2月10日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース