bit

不況の影響か、髪の毛や血漿を売る人が増加

       
昨今の経済事情は、こちら米国でもかなり深刻。
借金せずに、本当に必要なものを懐具合と計算しながら生活をしていかなくてはならない状況の人々が多い。

自分の不要な物を売り払い、手軽に小遣い稼ぎができるオークションサイトは連日フル回転。欲しい物がいくらかでも安く手に入れたい人にも、この不況時には欠かせないものになっている。

そんな最近、「自分の“身体の一部”だって売れるものは、売ってしまう」という人が、ここ米国では増加している。
ここ数カ月で40%の増加となっている「ヘア トレーダー.com」(英語サイト)。このサイトは自分自身の広告を載せ、髪を販売することができる。
ブラウンカーリーヘア、インド系のストレートな黒髪、レイヤーロングのブロンドヘアなど、いろいろなタイプの髪がオークションスタイルで売買されている。
値段を見てみると、パーマや毛染め未経験の「virgin ヘア」というのが、高くついているようだが、どれも150ドル~2000ドルくらいまでの価格で売買されている。

素人目からすると「他人の髪の毛なんかに金払う人がいるのかね?」と思うのだが、カツラを作る専門家や、エクステンション用の髪の毛を探している人には、需要のあるサイトらしい。他にカットモデルということで、切る段階も料金込みになっている人も目立つ。自分の利益ではなく、髪の毛と支払い額をそのまま癌センターなどのカツラ用として寄付することも可能。

他に販売されているのは、血漿(けっしょう)プラズマ。
この場合「プラズマ販売」というのではなく、あくまでも「寄付」になっていて、その代償(補償)は寄付単位で20ドル~40ドル。

30歳代前の若く健康な男女であれば、卵子や精子の「寄付」もあるようだ。

職を失い、金銭を有効に使うために、全てを販売しないと生活できない、というよりも、労働せずにいとも簡単にキャッシュを手に入れることができるというのが、増加の一因になっているような気もする。
(シカゴ/あらた)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年2月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。