bit

レジなのに電卓で代金を見せられる理由って?

       
百貨店で服を買ったり、大きな買い物をすると、店員はまず電卓を使って計算して、代金を見せてくれることが多い。
レジが遠いときやレジが1つしかないときの代用、また時間短縮のためによくある光景だ。

でもレジで精算してるのに、しかもレジが空いてるのに、とりあえず電卓に打ち込んだ値段を見せてくれることがある。そして直後、同じ計算がレジで行われる。そんなとき、電卓を使う意味はあったの? なんて思ったりする。

どうしてレジにいても、わざわざ電卓を使うんだろう。大手百貨店に話を伺った。

「店によって目的は違うかと思いますが、百貨店のカードや優待を使った値引き、送料、服のお直しなど、さまざまな割引や追加があるためということが多いかと思います。そのうえで計算がないときも、レジで精算する前の最終確認として、代金をお客様にお見せしているのではないでしょうか」
最終確認をするっていう、丁寧な接客をしようって考え方。マニュアル的かもしれないけど、トラブルを防ぐ、ブランドイメージを上げるっていう目的が大きそうだ。

ところで、これってずっと昔からやってることなんだろうか。
「20年前の消費税導入が、多くの店員が電卓を持つようになったひとつのきっかけだったと思います。表示されていた商品の価格に、消費税(当時3%)を上乗せする形だったため、精算前に税込金額をお伝えしていたと記憶しています。3%というのは、結構計算がしづらいですからね」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年2月27日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。