bit

デジカメの画素数はどこまで増やせる?

デジカメの画素数はどこまで増やせる?
ソニー製の高速・高画質なCMOSイメージセンサー『エクスモア』。
昔と今のデジカメ性能の違いで一番目立つのは、「画素数」ではないだろうか。デジカメ黎明期は数十万画素だったのが、今や1000万画素は当たり前になっている。ところで、この画素数というものは、どこまで増やすことが可能なのか。イメージセンサーの大手メーカーであるソニーにきいてみた。

デジカメで写真が撮れるのは、フィルムの代わりに「電子の眼」といわれるイメージセンサー(CCDまたはCMOS)で、レンズから入ってくる「画像」を電気的に読み取るから。そして、このイメージセンサーが読み取れる画像の情報量を表すのが画素数だ。
画素数が多いほど画像の情報量も多く、大きく伸ばしてもシャープな写真が得られる。
ソニーはこのイメージセンサーの分野で1970年のCCD開発から現在まで、製品改良を続けてきており、最近では『エクスモア』という高速・高画質が特徴のCMOSセンサーを世に送り出している。

さて、デジカメの画素数はどこまで増やせるかについて、ソニーは「今後の半導体技術の進歩によって、画素数をもっと増やせるようになるでしょう」と説明。イメージセンサーの大きさを変えずに画素数を増やすのが重要で、それにはより小さな画素をより多く並べる必要がある。
それを可能にするのが半導体に微細な回路を引く技術なのだ。実は、イメージセンサーは半導体の一種なので、半導体の技術進歩が大きく影響するわけだ。

ただし、画素数を増やすには、同時にカメラ内の画像処理能力も上げる必要がある。画素数が増えると情報量も増える。それを処理するシステムが追いつかないと、カメラが「パンク状態」になってしまうのだ。かといって、処理能力を上げると、電気消費量が増える傾向があり、結果的にバッテリー寿命が短くなってしまう。画素数を増やすことは、こうした問題を克服してはじめて実現する。

あわせて読みたい

  • デジタル一眼レフにライブビュー搭載のワケ

    デジタル一眼レフにライブビュー搭載のワケ

  • ズームレンズはどこまで伸びる?

    ズームレンズはどこまで伸びる?

  • 工事現場用デジカメってどんだけ強い?

    工事現場用デジカメってどんだけ強い?

  • デジカメ「笑顔認識」でシャッターが押せない人

    デジカメ「笑顔認識」でシャッターが押せない人

  • コネタの記事をもっと見る 2009年4月11日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース