「5枚刃」の波が“女性用”にまで押し寄せていた……。

ジレットが2月に発売を開始したボディシェーバー『ジレット ヴィーナス エンブレイス5』。
今までも「ジレット ヴィーナス」シリーズで、シェービング剤なしで剃れる「ブリーズ」など、様々なタイプのシェーバーを展開してきたが、今回発売された「エンブレイス5」では、女性用としては初となる「5枚刃」を採用している。

女性用における5枚刃のメリットって何だろう?

「刃の枚数を増やしたことにより、肌を“面”でシェービングすることができます。面でシェービングすることにより、刃の1枚1枚にかかる圧力が分散され、より肌にやさしいケアが期待できます」とジレットの担当者。

以前、「カミソリの刃は多い方がいい?」のコネタでも触れたが、「肌への負担軽減」が男性・女性用ともにメリットとなるポイントのひとつのようだ。

「5枚刃の1枚1枚が肌に沿う『エンブレイス5』なら、ムダ毛だけでなく余分な角質も均一にオフしてくれるので、ワントーン明るい素肌を手に入れることもできます。また、肌にジャストフィットしますので、カーブの多い女性のボディラインにも密着したシェービングを実感いただけると思います」

細かいうぶ毛を含むムダ毛や余分な角質をやさしく剃り落とすといった、女性ならではのシェービングスタイルやボディラインに対応した商品となっている。


この5枚刃シェーバーに“正しい剃り方”が身についていればカンペキ!? というわけで、用賀ヒルサイドクリニック・鈴木稚子院長による「美しくシェービングするためのコツ」をご紹介。

1.剃る前に毛の流れを確認
(脚は下に向かって、ワキは四方八方になど、部分によって異なる毛の流れを把握する)
2.毛を濡らして柔らかくしてから、専用フォームやジェルを使って剃る
(刃のすべりがよくなり、なめらかに根元から剃ることができる)
3.ボディ部分によって、剃る方向を変える
(基本は毛の流れに沿って剃る“順剃り”)
※毛があまり濃くない人は“順剃り”で十分だが、腕・脚の甲からひざ・ひじに向かって剃る“逆剃り”を行うと、根元からしっかりと剃れて、スベスベ感が長持ち
4.皮膚のシワをしっかり伸ばして剃る
5.刃を定期的に交換
(同商品では、スムーサー部分の緑色が薄くなってきたら、替刃交換の目安だそう)

モデル・ビューティジャーナリストのSAKURAさんによると、昨今のトレンド傾向として、スキントーンなど、地肌をよりきれいに見せる色合いの服や、素肌を大胆に見せる服など、素肌を生かしたファッションが注目されているという。薄着での外出が増えてくるこれからの季節、この『ジレット ヴィーナス エンブレイス5』をおともに、春夏のお洒落着を楽しんでみませんか。
(dskiwt)