bit

アナログレコードをパソコンで楽しむには?

アナログレコードをパソコンで楽しむには?
USBでパソコンに接続するレコードプレーヤー『handy trax USB』(ベスタクス製)。貴重なアナログ音源をデジタル化して復活できる。
なんでもデジタル化の時代。そこで、家に昔よく聴いたアナログ音源、たとえばレコード盤は残っていないだろうか。それをデジタル化してパソコンで編集できる便利なオーディオ機器が最近発売されたので、早速試してみた。

その製品とは、USB接続でパソコンにアナログレコードを録音できてしまうポータブルレコードプレーヤー『handy trax USB』。音楽機器メーカーのベスタクス株式会社から4月28日に発売、実勢価格は1万4000円前後。

使い方は付属の音楽編集ソフトをパソコンにインストール後、同製品をつなぐ。音楽編集ソフトならどれでも対応するので、日ごろ使い慣れたソフトを使用するのもオッケー。あとはレコード盤を動かして録音ボタンを押すだけ。なお、本体プレーヤーでレコード再生時のボリュームやトーンだけでなく、スピード調整も可能だ。

録音した音質をチェックしてみたが、迫力があり、意外にノイズが少ないクリアーなサウンドだった。さすがDJが使用するミキサーやターンテーブルのメーカーだけあって、たとえ一般ユーザー向けであっても、おもちゃのような製品はつくらない。

「DJがアナログ音源をデジタル化して編集したいというニーズをヒントにつくりました。誰でも簡単に使える製品に仕上っています」(同社)と説明。さらに、6月出荷の製品にはとてもシンプルで簡単な音楽編集ソフトをバンドルするそうだ。

せっかく、メーカーに足を運んだので「次回の新製品には是非カセットテープの再生・録音機能も搭載してもらいたい」と提案。現状製品にはカセットプレーヤーとの接続端子はあるので、ケーブルでつなげば録音はできるのだが、いっそのこと内蔵してもらえればより便利だと思ったので。「なるほど、検討してみます」とのことだった。

アナログ音源を蘇らせ、自分好みの音につくり変える喜びを味わいたいという人。あなたもDJや音楽プロデューサー気分になってみませんか。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

  • レコードでリリースするメリットはあるのか

    レコードでリリースするメリットはあるのか

  • カセットテープの需要は今……

    カセットテープの需要は今……

  • コネタの記事をもっと見る 2009年5月21日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら