bit

警察官が「こそ泥」って言うことは、あるの?

警察官が「こそ泥」って言うことは、あるの?
やっぱり“こそ泥”というと、この模様のイメージですね。
こそ-どろ[名]
(「こそ」は「こっそり」の意。「どろ」は「どろぼう」の略)こそこそと人目をぬすんでわずかなものを盗む泥棒。こぬすびと。こそこそどろぼう。こそどろぼう。
(「日本国語大辞典 第八巻」小学館)

そんな、言葉通りの“こそ泥”の意味。さらに思い浮かべるイメージは、中年の小太り男で、口を囲んだヒゲのある風貌。キョロキョロしながらタンスを物色し、唐草模様の風呂敷を背負って逃げるも、犬に吠えられ、自転車で見回りしてるおまわりさんに偶然出くわして万事休す……などなど。

でもそれって、辞書での意味や個人的に抱いてるイメージ。唐草模様の風呂敷姿は、もはやこそ泥コスプレでしかない。実際は、スーツにネクタイ姿で浸入するケースが多いわけで、警察が実際に使ってる“こそ泥”の意味は、ちょっと違うのかもしれない。

と、その前に、そもそも警察官は“こそ泥”って言葉を使うことがあるんだろうか。警視庁に話を伺った。
「たまに警察官同士の会話の中で出てくる程度ですが、実際に言うことはあります。隠語に近いですね」

じゃあ、どんな意味で使われてるの?
「特に決まった使い方はありません。それぞれが感覚で言っているため、人によって基準は違うかと思います」

例えばどんな使い方?
「例えば金額として1万円など、比較的少額の窃盗のときに言う場合があります。また回数として初めて盗みをはたらいた人に使う場合や、万引き犯に対して言うこともあります。やはり、こそこそと盗むイメージで使われることが多いようです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年6月2日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース