bit

今、防水デジカメお買い得の時代!?

今、防水デジカメお買い得の時代!?
防水デジカメ『TOUGH-8000』(オリンパス製)。<br />水深10m、気温マイナス10度まで撮影可能。2m耐衝撃構造、100kg耐荷重。有効1200万画素、28~102mm光学ズーム、CCDシフト式手ぶれ補正、タップコントロール機能を搭載。カラーはシルバーとブラック。
デジカメ売り場で「防水デジカメコーナー」が出現している。つい最近までは防水デジカメのモデル数はせいぜい2モデルくらいだったが、今春、各社からつぎつぎ発売され、今やコンパクトデジカメの中でメジャー級の存在になっている。そこで今回は、防水デジカメの機能やお買い得感を考えてみる。

これまでのコンパクトデジカメの機能および購買の判断基準としては、
1.光学ズームの倍率、2.画素数、3.デザイン、4.大きさ・薄さ、5.価格
などであったと思うが、新たに「水没したり落下しても壊れにくい」という機能をアピールしているのが防水デジカメだ。
売り場でよく見る防水デジカメのラインアップは以下の通り。
・『TOUGH-8000』(オリンパス製)、2月発売、価格5万円前後
・『TOUGH-6000』(オリンパス製)、1月発売、価格3万円強
・『DMC-FT1』(パナソニック製)、3月発売、価格4万円強
・『W60』(ペンタックス製)、2008年6月発売、価格2万5000円前後
・『Z33WP』(富士フイルム製)、3月発売、価格2万円強
・『D10』(キヤノン製)、4月発売、価格5万円前後
・『DMX-CA9』(三洋電機製)、3月発売、価格5万円前後

こうして見ると、価格的には従来のデジカメに比べてさほど高価というわけではない。また、画素数はどれも1000万画素以上、光学ズームは3~5倍、動画機能搭載など、通常スペックでもあまり遜色ないし、薄型でデザインも悪くない。
2003年から防水デジカメを出しているオリンパスイメージングは「防水デジカメは撮影シーンを選びません。また、頑丈なので子供さん用のデジカメとしても最適です」という。
デジカメの故障原因の多くは「落下」と「水没」だという。その意味で、防水デジカメは修理や買い替えが少なくて済むのかも。

頑丈さに加え、ラインアップが増え、価格が手ごろになったことで、今後幅広い層に受け入れられるカメラになりそうだ。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

  • とび出すズームレンズは壊れやすい?

    とび出すズームレンズは壊れやすい?

  • 自転車にデジカメを付けて撮影してみた

    自転車にデジカメを付けて撮影してみた

  • デジカメの画素数はどこまで増やせる?

    デジカメの画素数はどこまで増やせる?

  • コネタの記事をもっと見る 2009年5月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース