bit

ペンのような使用感のマウスでお絵かきしたら?

ペンのような使用感のマウスでお絵かきしたら?
マイクロレシーバ採用の2.4GHzワイヤレスレーザーマウス「SCOPE NODE」(エレコム製)。<br />光沢シルバー、マットシルバー、ブラックの3モデル。6月上旬発売で価格は各9870円。
ペンのような使用感と評判のレーザーマウス「SCOPE NODE」(エレコム製)。これを使って、文字や絵を書いてみる。

この製品の特徴は、レーザーセンサーの位置がペン先の位置に近いということ。通常のマウスの場合は、本体中央にあるの対して、「SCOPE NODE」は親指と人差し指の間にあるのだ。したがって、ペンを持った感覚でポインターを動かせるというわけ。
また、従来のLED光学式に比べて認識率が高いレーザーセンサー方式を採用し、わずかなマウスの動きでも正確に反応する。さらに、無線タイプ(6月上旬発売)なので、コードに邪魔されることなく操作できる。

セッティングはとても簡単。付属のマイクロレシーバをUSBポートに差込み、マウス本体のスイッチをオンにする。あとは、ポインターの移動速度などをお好みに設定すれば完了だ。
さて、文字を書いてみたが、流れるような書き心地。ぎこちなさはまったく感じなかった。むしろ、スムーズ過ぎて、線が伸び過ぎるのに注意が必要なほど。

いよいよ、お絵かきに挑戦。久しぶりに描くので緊張した。学校の美術の時間を思い出し、レイヤーで写真をなぞりながら、着色していった。さすがに絵筆のようにはうまくコントロールできなかったが、描いていくうちにだんだんコツがつかめてきた。

ペンタブレット派の人たちにとっては、マウスでは描きづらいと思うだろう。だが、マウスしか使ったことのないパソコンユーザーにとっては、逆にペンタブに慣れるのは一苦労。はじめのうちは描く以前にドラッグやクリックといった単純操作も思うようにいかなかったりするからだ。
なので、マウスで手軽にお絵かきするなら、このような製品がいいのかも。

パソコンユーザーにとって、自分に合ったマウスやキーボードを見つけることは作業効率アップにつながる。まずは、店頭で「SCOPE NODE」の操作感を試してみてはどうか。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年6月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。