bit

「すた丼」、そのボリュームと店舗拡大に迫る

おおお、どれだけ増されているのか……。と、待つこと約10分。「お待たせしました」の声とともに席に置かれたのは、巨大な丼に並々と盛られた肉、そして肉。そこに味噌汁と生卵がついて、見た目だけでもすごい迫力です。では、お待ちかねの実食! しょうゆとニンニクで味付けされた肉の味がとにかく口いっぱいに広がる。ウマイ! そして何よりも量。かきこんでもかきこんでも、まだあるのか! と感じる量だ。完食後はひたすら満腹感でいっぱいです。これはスタミナがつくことは間違いない。

そんな「伝説のすた丼の店」を運営する株式会社アントワークスの菱沼さんに話を聞いてみた。まず、この量、どれくらいあるんですか?
「それは企業秘密なんですよ(笑)。でも、並盛でチェーン店牛丼の大盛以上ありますね」
そ、それはすごい。
「そもそも『すた丼』はファーストフードではないため、牛丼のような店とは競合しないですから」
なるほど。あえて(それもかなり強引に、あえて)ライバルといえるようなものがあるとすれば?
「それはむしろラーメンチェーンのようなものでしょうね」
確かに、ラーメンとチャーハンをあわせたセットの満腹感、ですね。そして、冒頭でもお伝えしたとおり、そんな「伝説のすた丼の店」は急速に店舗を拡大中。創業から37年目だそうですが、現在5年で全国に100店舗を作る計画のさなかなんだとか。また、今は東京と神奈川に店があるだけですが、今年秋には大阪にも進出する予定があるそう。おお、これには関西のかたがたも期待ですね!...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年7月9日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース