bit

洋楽黄金期の名曲をメタル四天王が絶妙カヴァー

洋楽黄金期の名曲をメタル四天王が絶妙カヴァー
ヘヴィメタル好き以外は敬遠してしまいそうなジャケットだが、クオリティは非常に高い。
ここ数年、洋楽・邦楽ともにカヴァーアルバムが流行中。徳永英明の『VOCALIST』や平井堅の『Ken's Bar』、MR.BIGのエリック・マーティンによる邦楽女性アーティストカヴァーアルバム『MR.VOCALIST』など、シリーズ化されるヒット作も数多く登場し、すでにブームを超えてひとつのジャンルとして定着しつつある。

そんな中、ヘヴィメタルファンのあいだで話題となっているのが、北欧はフィンランドから登場したスーパーグループ「ノーザン・キングス」。日本でも人気の高いナイトウィッシュのベーシスト兼ヴォーカリストのマルコ・ヒエタラや、ソナタ・アークティカのヴォーカリストであるトニー・カッコなど、実力派ヴォーカリスト4人が集結し、1stアルバム『リボーン』を2007年10月(日本盤は08年5月)に、2ndアルバム『リスローンド』を08年11月(日本盤は09年2月)に発売した。

この「ノーザン・キングス」、4人の歌唱力、そしてバックの演奏力は文句なし。そして楽曲選択とアレンジは絶妙。メタラー向けの存在だけで終わらせておくにはもったいない存在で、特に1980~90年代の洋楽黄金期を体験したアラフォー世代にはたまらない楽曲をカヴァーしている。1stアルバムでは映画『マッド・マックス/サンダードーム』の主題歌「孤独のヒーロー」やカッティング・クルーの「愛に抱かれた夜」、ピーター・ゲイブリエルの「スレッジハンマー」、2ndアルバムではボン・ジョヴィの「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」やa-haの「テイク・オン・ミー」、そしてフランク・シナトラの「マイ・ウェイ」など、誰もが知っている楽曲から、ややマイナーながらも痒いところに手が届く楽曲まで、原曲を再構築した最高のメタルアレンジで提供してくれている。

あわせて読みたい

  • 実は珍グルメの宝庫!? フィンランドの食事情

    実は珍グルメの宝庫!? フィンランドの食事情

  • フィンランドに日本ブームが、キター!?

    フィンランドに日本ブームが、キター!?

  • 無賃乗車できる!? フィンランドの乗り物事情

    無賃乗車できる!? フィンランドの乗り物事情

  • コネタの記事をもっと見る 2009年7月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら