bit

今こそラジオ体操、はじめてみませんか

ラジオ体操は夏休みの子どものもの。と、そう思い込んでいた。
ところが町の公園などでは朝6時半にはじまるラジオ体操本放送に合わせて、多くの大人たちがラジオ体操を楽しんでいると聞く。

全国ラジオ体操連盟さんに話を伺ってみると、連盟に登録しているラジオ体操実施会場だけでも、なんと全国800カ所ちかくあるそうだ。「小さなところを含めればもっとあるでしょう」と連盟の方は言う。
それにラジオ体操=夏というのは、夏休みが植えつけた一方的なイメージ。実際は天候が荒れない限りは季節を問わず行われているそう。
特に何か特典があるわけでも、誰かに誉めてもらえるわけでもない。
それでも大人たちがこぞって早朝に起きだすには、何かそれなりの理由があるに違いない。

ちなみにラジオ体操第一は老若男女におすすめの動き。第二は若い人や職場での運動向け。そんなラジオ体操第一が今の形となったのは昭和26年だという。
戦前にもラジオ体操があったそうだが、「今の動きとはまったく異なるものであり、現在では実施しているところはないですね」と、連盟の方。
さりげなく改正され完成した現在のラジオ体操は、トータルたった3分ほどだが理想的な全身運動なのだとか。身体を無駄なく動かすため、きちんとこなせばハードなウオーキングくらいの運動量になるのだそう。

そんなラジオ体操の正しい動き方を教えてくれるラジオ体操の資格者の存在もある。
その名も“全国ラジオ体操連盟公認指導者”。毎年連盟で実地と学科テストを行った上で合否を決めるもので、現在およそ200名ほどの有資格者が存在するそうだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク